盲導犬協会
今日、盲導犬協会の施設「富士ハーネス」に行ってきました

何だかガッカリで・・・寄付で運営されているのに(国の支援はあると思うけど)
私は私が代表しています会社の法人会員で年間10万円を援助しています
なのに受付に行ったら「会員さんですか?」「はい法人賛同会員です」と答えたところ
会社名を聞くこともなく「入場は無料ですが、寄付お願いしますね」「え、はい」の受け答え

館内を歩けど通路に写真のみで、生まれた盲導犬の仔犬たちをガラス越しで見られただけ
引退した子達に会いたかったのに、通常も会うことができないらしく
たまたまおしっこタイムだったらしく目の前に放たれた子達は見られたんだけど
それも数分で、係の方の説明もないまま、ただウロウロ歩いただけでした
1,000円の寄付と、グッズを買って、1時間もいられず富士ハーネスを後にしました

私は動物が大好きで、人間のために頑張ってる動物のために役にたてれば!
の気持ちだけですが、こんな立派な施設なのに、何も語ってくれない施設ってあるんでしょうか?

盲導犬協会って、寄付があたり前になってしまってるのかなぁ
何とも思わないのでしょうか?
何をしてもらおうとか思わないけど、せめて「ご協力ありがとうございます」とか・・・
これからも応援していこう!って思うような在り方を考えてほしいと思いました
Secret
(非公開コメント受付中)

ヒシプーママさんお久し振りです!
盲導犬協会って素晴らしい活動されてるイメージでした。私も必ずと言っていい程募金します。人の為ではなく犬の為です。
人間の為に頑張っている盲導犬は尊敬する存在であり、いわば受け付けの人は協会の顔です。なぜありがとうございますが言えないの?!もっと人間も盲導犬の様に頑張って下さい。ヒシプーママさんの優しい気持ちに感動しています。感謝を忘れない大人でいたいですね。
ありがとうございます
てるみさん、コメントありがとうございます
本当にガッカリして富士ハーネスを後にしました
主人とどんよりした気持ちのまま富士五湖を通過して岐路に

家に早めに着き、盲導犬協会にメールしました
ありのまま、思った気持ちを書きました
今日ハーネスの代表から電話があり、平謝りです
代表と責任者が不在だったとか・・・
でも普段からその姿勢だったから、社員?もそのような対応なんでしょうね

寄付って人間の気持ちを動かすから行うことであって
大企業であれば多額な寄付が寄せられるでしょう

引退馬協会って、本当に気持ちが動き動物のために何とかしたい
そのような人ばかりですよね

来週私に謝罪に来られるようですよ・・・盲導犬協会の方が・・・
きっと盲導犬協会も昔は今の引退馬協会のように、善意の団体であったと思うのですが・・・その思いの方以外の方達が団体で仕事をされているんでしょう

ちっぽけな支援者ですが、ちょっと今回残念しかありませんでした

てるみさん、ごめんなさいね
この気持ちが覆されたらいいなぁ~と思っています
プロフィール

レオママ

Author:レオママ
ワンコ5匹に加わり馬のヒシプレンティ(愛称ヒシプー、最近ではぷーちゃん)
が家族になりました
これからもっともっと頑張らなきゃ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR